メニュー
イベント情報
2021.04.28 更新

「サティシュの学校」上映会&お話会

~「都市近郊でできる里山暮らし」を目指して~
柿生にある平屋建て民家“JINEN-DO”
ここをさまざまな人が集い、学び、協働していく場に育てていきたいと考えています。
現在、仲間作りを兼ねて『くらし』をテーマにしたワークショップや教室などを開催中。
イベント内容だけでなく、協働コミュニティづくりに関心のある方のご参加もお待ちしております。
こころに持っている小さな「やってみたい」をぜひ私たちにもお聞かせください。
* * * * * * * *

昨年5月の外出自粛期間中、フェイスブック上でシェアされた一本の記事に目がとまりました。

「新型コロナウィルスは地球からの声。思想家、サティシュ・クマールは語る。この危機から私たちは何を学べるのか?」https://greenz.jp/2020/05/20/satish_kumar_covid_19/

高野翔さんがサティシュ・クマールさんご本人の許可を得て日本語に翻訳し、Greenzに寄稿した記事です。

サティシュさんのことをきちんと知ったのはこの時が初めてでしたが、彼の言葉が心に深く突き刺さり、今こそ、必要なメッセージだと感じたことを今もなお覚えています。

サティシュさんが語ることは、誰に教わるでも、調べるわけでもなく、多くの人が魂のレベルで感じていること、心から望んでいることなのではないでしょうか。それを誰よりもわかりやすく、生命力にあふれた力強いメッセージで言語化してくれるから心に響くのだと思います。

今、新型コロナウィルスをきっかけに、これまでの暮らしや働き方を見直す人が増えています。そんな変容のタイミングだからこそ、多くの方にサティシュさんの言葉を届けたいと思い、昨年7月に引き続き、「サティシュの学校ーみんな、特別なアーティスト」の上映会を企画することにいたしました。

「サティシュの学校ーみんな、特別なアーティスト」は、「100万人のキャンドルナイト」の呼びかけ人として知られる環境運動家の辻信一さんがイギリスを訪れて、サティシュさんを取材したドキュメンタリー映画です。

「本来の教育とは、知識を詰め込むことではない。すでに備えられている“アーティストとしての自分”に気づくことだ。アーティストとは特別な人のことではない。誰もが特別なアーティストなのだ」サティシュさんは、力強く、そして、やさしい言葉で語りかけてくれます。

先が見えない、変化の激しい時代を生きる今、示唆に富んだサティシュさんの言葉の数々や映像から伝わってくる彼の生き方、在り方に触れることで、励まされ、勇気づけられる方も多いはず。

さあ、あなたも「サティシュの学校」へ。

『サティシュの学校~ーみんな、特別なアーティスト(予告編)』
https://www.youtube.com/watch?v=pztf1jKJuu4

■日時 2021年5月14日(金)14:00~16:00(開場13:45) 

■会場 柿生の家 JINEN-DO(小田急柿生駅南口 徒歩約10分)
※お車でお越しの際は、近隣のパーキングをご利用ください。
https://hatarakushiawase.net/about#access

■定 員:12名(※密を避けるため、定員を設けさせていただきます)

■参加費:一般2,000円/森のようなまちづくり会員1,500円

■内容
(第一部) 「サティシュの学校~みんな、特別なアーティスト~」上映(約70分) 
(第二部) 上映後の感想などをシェアタイム(手作りお菓子&ハーブティ or コーヒー付き)
※ 感染状況により、一部内容を変更する可能性がございます。ご承知おきください。

■お申込み
以下のサイトにて参加チケットをご予約ください。
https://peatix.com/event/1901201/view

■主催
一般社団法人働くしあわせプロジェクト
〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生5-10-11
TEL:044-819-8491 / FAX:044-819-8492
https://hatarakushiawase.net/