メニュー
スタッフブログ

商店会婦人部のみなさんと花を植えました

今日は柿生中央商店会の婦人部のみなさんと一緒に商店街に花を植えました。
場所は柿生駅南口のドラッグストア(くすりのセイジョー)の手前にある花壇、そして、その通り沿いの駐車場前の花壇です。

商店街の花植えは、毎回、楽しみにしている活動の1つです。
毎日の通勤、通学路に色とりどりの花が咲いていると気持ちがほっこりします。地域に住む方々の暮らしにそんな安らぎを提供できる仕事に関われるのが、なんだかちょっぴり嬉しいからです。

今回はどこにどの花を植えるときれいな寄せ植えになるか、全体のデザインまで任せてもらいました。花苗は100以上(ん、もっとかな?)ありましたが、みんなでワイワイ手分けをして植えたら1時間ほどで終了。帰りしなに、婦人部の絢子さんが冷たいお茶と肉まんを差し入れてくれました。ひと仕事を終えた後、肉まんを頬張る利用者さんの表情はどことなく誇らしげ。「与える」だけじゃない、「受けとる」だけでもない、「与える」と「うけとる」が自然と循環していく、これがなんとも心地よいのです。

また、明日から商店街を歩く楽しみが増えました。