メニュー
活動ブログ

親子木工教室~カホンをつくって遊ぼう!~開催しました!

2022.08.18

こんにちは。

いしだです。久しぶりにブログ投稿します。

昨日、「親子木工教室~カホンをつくって遊ぼう!~」を開催しました。

まずは、参加者のみなさんの自己紹介。

続いて、カホン奏者のキラキラみさこさん、まわる工作城の高木ちかこさん、それぞれから自己紹介いただきました。

制作に入る前、みさこさんがカホンのパフォーマンスを披露してくれたのですが、 めちゃくちゃカッコイイ!!

心が躍り、シビレました。 カホンに対するイメージ?認識?がガラッと変わる体験でしたよ。

参加された方々も制作を前に、モチベーションが上がったんじゃないかと。。。

親子木工教室なので、親子による共同創造が主旨なのですが、4時間にわたるワークショップだったので、4時間集中力が持つはずもなく、子どもたちは自由気まま。ほとんど、お父さんたちが制作に没頭。

それでも、一緒にビス留めをする姿が微笑ましかったし、チカコさんが語ってくれたように、お父さんがモノづくりに没頭する姿、背中を見せることが大事なことなんじゃないかと。。。

我が家は、次男坊がキッチンに立つ機会が多いのですが、きっと、それはぼくが一時期、料理にはまっていて、キッチンに立つ姿が少なからず影響していたんじゃないかと思うんです。

ランチは、 久しぶりに、まりへいがキッチンに立ち、 彩り豊かな夏野菜カレーを提供してくれました。作り手の気持ちが伝わってくる優しい味でした。

制作を終えた後、いよいよ、みさこさんのリードでカホン演奏を体験。

「パプリカ」を題材に、みんなでリズムを刻みました。楽しかったー

開催した後、シミジミ思ったのですが、材料の調達からミリ単位での裁断まで、忙しい中、大変な準備をチカコさんが引き受けてくれ、カホンの制作で終わるのではなく、カホン奏者のみさこさんを囲んで、みんなでリズムを刻む体験ができるなんて、本当に贅沢な企画だったなと。。。。

チカコさん、みさこさんとのご縁、参加してくれた地域の親子のみなさん、ランチをつくってくれたまりへい、助成してくれたハウジングアンドコミュニティ財団の資金援助がなければ、どれが欠けても実現しなかったこの豊かな体験に感謝したいです。

そして、お母さんたちだけではなく、お父さんたちにもJINEN-DOコミュニティに関わってほしいというのが、和室を木工房にリニューアルした狙い、願いでもあり、今回の企画はその一環です。この豊かな体験を次につなげていきたいとあらためて思いを強くしました。

みなさん、本当にありがとうございました!