メニュー
活動ブログ

信念の力?魂の願い?

2022.01.28

おはようございます。

いしだです。

今朝、ランニングしている時、ふと、「なんでおれ、こんなことやっている(こんな状況を創り出している)んだろう」と、思い?というか“問い”がわいてきた。

ランニング途中、いくちゃん(コミュニティの仲間)が講座の中で紹介していた「いのちの理由」の映像が浮かび、同時に、12年前、「働くしあわせプロジェクト」を立ち上げた際、描いた価値観や未来(ビジョン)が思い出された。

その願いは、今も変わらない。ずっと、ずっと、願ってきたこと。

「そうだ。自分が望んでいる世界を創るため、

この状況を体験したくて、自らこの状況を創り出したんだ。

これまでやってきたことは、すべてその準備にすぎないんだ」と腑に落ちた。

“思いは現実化する”というけれど、信念の力?、魂の願い?って本当にすごいね。

願い通り、進んでいる。願いにそって、生きている。

泣くもよし、笑うもよし、今を精一杯生きる、できることをコツコツ積み上げていくことなんだよなぁ。

では、では、今日も素敵な一日をお過ごしください。

※「働くしあわせプロジェクト」を立ち上げた際、描いた価値観や未来(ビジョン)

・アメブロ「働くしあわせプロジェクト」より

https://profile.ameba.jp/ameba/diversity-and-inclusion/

─────────────────────────────────────
◆私たちの組織価値観
─────────────────────────────────────
1.共に創る
より良い未来を共に描き、共創していく。

2.一人ひとりがリーダー
自ら決めて自ら動く。
一人ひとりが自らの可能性を最大限に発揮し、ミッションの達成に貢献する。 
 
3.共に支え合い、共に成長する
相手がしてほしいことに気がついてそれを実行する。
自らの力を惜しみなく提供し合い、共に成長する。

4.限りなくフラット、限りなくノーコントロール
上司部下の関係や階層は存在しない。その場その場の役割が違うだけ。
一人ひとりの自発性を尊重し、指示命令・統制はしない。

5.信頼・感謝・尊敬の念で結びつく
損得や契約で結びつくのではなく信頼・感謝・尊敬の念で結びつく。
信頼し合うから任せられるし約束を守る。
感謝し合うからお互いが気持ちいい。
尊敬し合うから切磋琢磨するし、互いの考えや立場、個性を尊重できる。

─────────────────────────────────────
◆私たちが目指す究極の未来(ビジョン)            
─────────────────────────────────────
2020年、社会には、もはや“障がい者”という概念がなくなっていた。

“長所”と“短所”、“できること”と“できないこと”があるのは当たり前、それを認め合い、活かし合い、支え合うことが当たり前の世の中になっていた。

そんな世の中が実現したのは、未来と思いを共有する沢山の仲間たちのおかげだった。
 
仲間たちは自分が好きになれるような世界をつくるために、自分らしいやり方で自発的に力強く行動していった。

そんな仲間たち一人ひとりの事業を応援すればするほど、自分の出番が増えた。

未来と思いを共有する仲間たちを応援し、輝かせることで、自らの人生がドンドン輝きを増していった。
 
私たちの事業の広がりとともに、障がいがあってもなくても一人ひとりが輝き、働くしあわせを感じられる職場が広がっていった。
 
途中、道に迷うこともあった。でも、結局、選んだ道に正解があるのではなく、選んだ道でベストを尽くす、自らの可能性を最大限に発揮することでどんな道も正解になる、与えられた場所に感謝し、精一杯の花を咲かせることで、次の道が拓けていく、そのことに気づくことができた。

そして、私たち一人ひとりが「人と組織の可能性を最大限に発揮できるリーダー」になれた時、関わる人たちに変化が生じていった。
 
やがて、障がいの有無に関わらず、すべての人間存在が自らの可能性を発揮しきった時、パズルのピースがみ合わさるがごとく、私たちの望む未来が実現していた。
 
異なる個性を認め合い、活かし合い、支え合う社会、一人ひとりが輝き、働くしあわせを感じられる社会、それは大自然のように美しい調和の取れた社会だった。