メニュー
スタッフブログ

3密を避けて 屋外プログラムスタート

こんにちは。

代表の石田です。

新型コロナウィルスの感染が広がっています。
社会福祉施設はいわゆる3つの密(密閉・密集・密接)のシチュエーションが生じやすく、集団感染を起こしやすい業種の1つだと考えています。お借りしている平屋建ての民家は窓が多くて風通しも良いのですが、それでも室内で集合訓練を続けるのは、利用者さんにとってもスタッフにとっても不安が残ります。

そこで、柿生の家JINEN-DOでは、マスクの着用や手洗いの徹底等、一般的な感染拡大防止対策を実施するのはもちろんのこと、室内での集合訓練の提供をストップして、屋外での提供とオンライン会議システムによる提供に切り替えることにしました。

毎週火曜日に室内で提供していた「ピラティス」は、場所を公園に移して「青空エクササイズ」に。広々とした公園で十分な距離を取って実施しています。

この日は天気も良く、気分爽快!いつも元気な青山先生の笑顔に加え、緑豊かな自然からもエネルギーがチャージされる感じがしました。

しばらくの間、お休みにしていた畑作業も復活。4月の植え付けシーズンに向けて、みんなで畑を耕しました。利用者さんによると、午前中、オンラインで集合訓練を受けた後、土や草をいじることで気分がリフレッシュし、心身のバランスが取れるとのこと。

「屋外だから安全」という訳にはいきませんが、距離を取ったり、マスクを着用することで、室内の集合訓練と比べ感染リスクを大きく下げられます。ぼくたちにとっては、現時点での最適解だと考えています。

新型コロナウィルスの問題は長期化しそうです。「巣ごもり」は感染リスクを避ける一つの答えだとは思いますが、陽の光を浴びれずに運動が不足しがちになると、今度は免疫力を下げてしまいかねません。

今後も感染拡大の状況を見ながら、その時々の最適解で対応していきたいと考えています。


≪柿生の家JINEN-DOの利用をご検討中の方へ≫

柿生の家JINEN-DOは、新型コロナウィルス感染防止策として、オンライン会議システムを用いた集合訓練や面談と屋外プログラムの選択制により、 安心安全な環境下で変わらずサービス提供を続けています。オンライン会議システムを用いた利用相談、オンライン(在宅)訓練のご見学も随時受付しております。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

☎044-819-8491(受付時間 平日9:00~17:00)