メニュー
スタッフブログ

夕やけ山

2019.11.30 /

 今日は大事なランチミーティングの後、地域コミュニティで知り合った吉垣夫妻の「夕やけ山」のイベントに足を運んできました。
 カズさんは農薬や化学肥料を使わないオーガニックフラワーにこだわって花園を経営、シホさんは現代の子供たちに起こっている「体験格差」を憂いて、吉垣家の野山を開放する日を設けて近隣の子育て世代のお母さんと子どもたちのコミュニティを育んでいます。
 シホさんの言う“体験格差”というのは、あくまでもぼくの理解ですが「子供の発育にとって、自然の中で思い切り遊ぶ体験がとても大切だけれど、今、都会には自然が失われており、お金に余裕のある家庭は子どもを旅行に連れていったり、アウトドアに連れていくことで、様々な体験をさせられるけれど、そうでない家庭は親が生活に追われてそれどころではない現実がある。家の中でスマホでゲームばかりして育つと、心の発達に必要な体験が少ないため、心が未熟のまま大人になり、社会に出て苦労し、うつ病になったり、引きこもってしまう問題」のこと。

大人向けの自立訓練事業を行っているぼくたちにとって、他人事ではない問題で「夕やけ山」のような「体験」を大切にする地域資源とつながれたことは、とても意義深いことだと思っています。
※ちなみに、ぼくたちの自立訓練事業の訓練コンセプトも「これからの体験が未来を変える」で体験を重視したプログラムを展開しています。
 同じく、「森のようなまちづくり」という新しい取り組みでは、地域の方と一緒にコミュニティガーデンを広げていきますが、そこでもできるだけオーガニックフラワーを使っていきたいので、吉垣夫妻との出会いは必要・必然・ベストなのです。

そんな仕事上の考えもありますが、やっぱり、自然豊かな環境にいくと心が躍り、単純に楽しい!気持ちいい!というのが本当のところなのかもしれません。

写真の花かんむりはぼくの作品です。八ヶ岳のシンガーソングライターのりかさんが披露してくれた2曲は、それぞれ「命の輝き」と「花(種をまいていれば花は咲く)」がテーマで、ぼくの願いと見事にシンクロしてました。

今日もいい一日でした!温泉に行って週末の疲れを癒そう~